Helpful tools for Web creator

NEWS & INFORMATION

NEWS & INFORMATION

W3CがHTML5を勧告として公開

2014.10.29
W3CがHTML5を勧告として公開 2014年10月28日(アメリカ): ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム(W3C)は、ウェブページやウェブアプリケーションを構築する際に使用されるフォーマットHTMLの第5版であるHTML5を勧告として公開し、オープン・ウェブ・プラットフォームの礎を築きました。HTML5は、アプリケーション開発者やアプリケーション産業がこの先何年に渡って信頼するに足る、アプリケーション開発のための機能を提供します。HTML5は今や幅広いデバイスで、そして世界中のユーザが利用可能であり、かつ豊富な機能を持つアプリケーションの開発コストを削減します。
(W3Cウェブサイトより)

この勧告により、HTML5が「正式な規格」となりました。

HTML4との違いの詳細は、下記を参照してください。

HTML5 Differences from HTML4
http://www.w3.org/TR/html5-diff/